PROJECTプロジェクト概要

若者の挑戦を秋田県が応援します。

「秋田ローカルチャレンジファンド※1」は、秋田を舞台に活躍するためのプロジェクトを募集し、優れた提案を資金面はもとより、専門家のアドバイスなどにより、一貫して秋田県がワカモノ※2の挑戦を応援します。
最長3年間で1提案者に対し最大で総額400万円の補助金と、各分野のアドバイザーによる相談専門家等とのマッチングを通じて、秋田に根付くプロジェクトを育てます。

※1 正式事業名「秋田県若者チャレンジ応援事業(主催:秋田県)」
秋田県が若者のチャレンジ資金面で支援するものであり、広く一般から資金を募り、運用するものではありません。
※2 原則県内在住の18歳以上40歳未満の個人またはそれらの個人で構成される団体。

POINT 01
\4,000,000

最大3年間補助金額:400万円

こんな補助金見たことない!人口減少・高齢化日本一位の秋田県が未来を切り拓く若者の挑戦のために本気で応援します! 将来秋田で飲食店をやりたいチャレンジャーには、料理人としてスキルアップするための海外留学費などをサポート!などなどその使い方は様々。 あなたのワクワクする妄想と、ビジネスモデルのタネをぶつけて夢を叶えよう!

POINT 02

各分野のプロが
事業育成アドバイザー

若者一人一人の”やりたい”をオーダーメイドで支援する唯一無二のサポート体制。メンター型とスポット型の2つのアドバイザーサポートであなたの夢の実現を後押しします。 どんなプランにも対応できるように幅広い分野で活躍している実践者の方々にアドバイザーとして最先端事例のインプットや事業ブラッシュアップなど協力していただきます。

PROJECT
REPORT

活動報告レポート

REPORT01
COMING SOON
REPORT02
COMING SOON
REPORT03
COMING SOON

選考委員

SELECTION COMMITTEE
若者ならではの発想・アイデアを第一線で活躍する
各分野の専門家が選考
真壁 善男
あきた未来創造部次長
佐藤 純一
株式会社カヤック執行役員
白石 達史
合同会社JAM代表社員
丑田 俊輔
株式会社ハバタク代表取締役
内沼 晋太郎
numabooks代表
井上 達哉
VUILD株式会社取締役

担当メンター

MENTORS
各界でチャレンジでして結果を残す、
専門家メンターが個性に寄り添いサポート
髙橋 泰
ヤマモ味噌醤油醸造元 / 高茂合名会社 七代目
齋藤 潤一
こゆ財団代表理事・慶應義塾大学非常勤講師
渡邉 賢太郎
おせっかい社かけるCOO(チーフ面白くするオフィサー
兼松 佳宏
勉強家/京都精華大学人文学部 特任講師
市来 広一郎
株式会社machimori 代表取締役
但馬 武
fascinate株式会社 代表取締役
藤本 智士
編集者/有限会社りす
友廣 裕一
合同会社シーベジタブル/一般社団法人つむぎや
井筒 耕平
株式会社sonraku 代表取締役
大西 正泰
一般社団法人ソシオデザイン
東海林 諭宣
株式会社See Visions 代表取締役
照井 翔登
株式会社CAMPFIRE キュレーター・プランナー
藤木 正博
あきた未来創造部地域づくり推進課
橋本 秀樹
あきた未来創造部地域づくり推進課長

PROGRAMプログラム概要

秋田県で夢を実現したいという若者で、ワクワクする斬新なアイデアと未来を切り拓く挑戦的なプランを持った方を募集します。

補助対象事業 若者ならではのアイデアを生かした地域の元気を創出する戦略的なプラン
募集期間 2019年7月16日(火)~2019年9月20日(金)
※既に3つの採択事業があり、本年度の二次募集となります。
対象者 原則県内在住の18歳以上40歳未満の個人またはそれらの個人で構成される団体。ただし、高校生及び企業からの申し込みを除く。
対象経費 秋田で活躍するために必要なスキルアップのための研修費や海外留学にかかる経費(渡航費、家賃など)、試作や試行イベントの開催等、起業準備に必要な経費など
補助期間 1~3年
補助率 対象経費の4分の3
限度額 100万円/年、総額200万円/補助期間
※AI,IoTなど先進技術を活用した取組や、注目度が高く公益性の高い取組など、選考委員会が認めた場合は【補助率】10/10、【補助限度額】300万円/年、総額400万円/補助期間とします。
採択数 年間20件程度

FLOW

募集から成果報告会までの流れ

まずは自分の夢や、やりたい事業アイデアを実現するためのプランを立てます。説明会・相談会に積極的に参加し、応募前にプランをブラッシュアップ。
書類審査後の2次審査では各分野の専門家の前であなたのワクワクするプランをプレゼンしてもらいます。
採択されたチャレンジャーはプラン実現に向けて、メンターや各分野のアドバイザーによるサポートを受けることができます。
成果報告会では事業の進捗状況やチャレンジの成果についてプレゼン発表を行います。

■湯沢会場
○9月13日(金)18:00~21:00
○湯沢市広域交流センター
(住所)秋田県湯沢市字沖鶴69-5
■秋田会場
○9月16日(月、祝)13:00~17:00
○秋田市旭北地区コミュニティセンター
(住所)秋田市大町4丁目4-15

事業の概要や経費の内訳の他、この事業を実施することによって、どんな対象にどのような効果がもたらされるかなどについて、具体的かつ詳細に記載し提出してください。

申込書の書き方や計画書の作り方等
県庁各課がサポート
【提出書類】
・採択申込書(様式第1号)・収支予算書(様式第1号別紙1)・事業概要書(様式第1号別紙2)
・事業説明書(様式第1号別紙3)
・その他、自身の提案内容を補足する資料など

【1次選考】選考委員による書面審査 → 選考結果を申込者に書面で通知
【2次選考】選考委員会による面接審査 → 選考結果を申込者に書面で通知

選考委員会による審査の結果採択となった場合、選考委員会で附された意見等を事業概要書等へ反映した上で、交付申請書類を作成し提出してください。

事業実施計画等についてアドバイザーや
県庁の関係各課が作成をサポート
【提出書類】
・交付申請書(要綱様式第1号)・収支予算書(様式第1号別紙1)・事業概要書(様式第1号別紙2)
・実施計画書(様式第2号)・収支計画書(様式第3号)など

SUPPORT

10月中旬~

補助事業着手

MENTOR
SUPPORT

● Facebookグループ
チャレンジャー、メンター、アドバイザーを含む非公開のfacebookグループページを作成し、情報共有や連絡を取り合う
● 月に1回のオンラインミーティング
グループ内での情報共有や学び合いを促進しつつ、担当メンターを通じて、適切なタイミングと内容でアドバイザーをマッチング
● 交流会
全てのチャレンジャー向けに秋田の中でのネットワークづくりや人材紹介のための交流会を開催

SPOT
SUPPORT

先進事例紹介、セミナー情報、留学情報、1日職業体験、先進事例視察など具体的なアイデアのブラッシュアップのサポート

12月中旬~

全体ミーティング

全体に必要な情報はセミナー形式で共有するとともにチャレンジャー間の情報交換の場を作る
3月中旬~

成果報告会

事業の進捗状況やチャレンジの成果などについて、補助事業者自らが報告

ENTRY選考お申し込み

選考への申し込みをご希望の方は下記フォームに入力してお申し込みください。自動返信メールにて応募書類様式のダウンロードURLをお送りいたします。ダウンロード後は、ご自身で応募書類一式を作成していただき、締め切り期日までに最寄りの秋田県地域振興局または秋田県地域づくり推進課へご持参またはご郵送ください。 ご質問・ご不明点は電話018-860-1237(秋田県地域づくり推進課担当)までお問い合わせください。

Contact form

お名前Full Name
職業 / 所属Job / Company
電話番号Phone
メールアドレスE-mail
性別Gender
年齢Age
居住地Address
取り組みたいテーマ/申し込みに向けた想いなどMessage
ENTRY 申し込み